監視システムでセキュリティ対策

マネックスFXは、セキュリティ対策をしっかりと行っている外国為替証拠金取引の業者です。SSL(Secure Socket Layer)やファイアーウォールを取り入れることで、安全に投資ができる体制を整えてくれているのです。また、24時間365日いつでも作動している監視システムがあり、投資家をサポートしてくれます。

万が一のことがあっても、専門性にすぐれたスタッフがすぐに原因究明と復旧に取り組む仕組みも作られています。

サーバーを守る姿勢
マネックスFXのデータベースサーバーは、Itanium1.6Gが16P32Cも使われています。さらに、サーバーの負荷を分散することで、投資家が外国為替証拠金取引をいつでもスムーズに行えるような環境を作ることが可能になっています。もしシステムに障害が起こっても、予備のシステムがあるので心配はいりません。

投資家に負担をかけずにサーバの切り替えや増強ができる体制がつねに整っているのです。外国為替証拠金取引の業者として、ハードウェアトラブルやアプリケーショントラブルを見逃さない姿勢を持ち続けています。

災害対策も万全
マネックスFXは、災害に対する備えも万全です。サーバーのあるデータセンターの建物は、耐震耐火構造をしっかりと行っているのです。また、電源の多重化や消火設備にも気を配っているところがすごいですね。さらに、データセンターへ出入りするスタッフは、厳しいセキュリティを通して行動するようになっています。